1万円借りる

以前は、キャッシング、カードローン、消費者金融というと後ろめたさがあり、嫌っていました。ところが、いざ自分がお金がなく、どうしても用意しなければならなくなったとき、それらを利用しなければなりません。
最初は後ろめたさがありました。借りようか借りまいか、悩みましたが、結局、背に腹は変えられず、借りることに。
最初は、インターネットでも申し込み。恐る恐る、項目に入力し、送信。すると数時間も経たないうちに審査結果が。審査が通り、実際の申し込みに。
最初は1万円の借り入れでした。それでも犯罪を犯したような後ろめたさが。次の月に返済。過ぎてみれば、なんていうことはない、と言った感じ。それに味をしめ、次は2万円、3万円と。だんだんと借りる金額お大きくなり、最高30万円に。
当然、一括での返済は難しいため、カードローンに切り替え。これは、別のカード会社から借入をし、借り換えを行ったわけですが。
今では、その借りたお金をローンで支払っています。ただ、あると便利です。枠を数百万円にして利用していますが、いざというとき役に立ちます。
今思うと、当初は後ろめたさがあったものの、今では当たり前の感覚になっています。それが怖くもあるのですが。